×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

気がある

気があるそぶり

「気があるそぶり?」と感じるメカニズム

男性心理として「自分に好意を抱いている(と思う)女性を好きになる」ものです。

基本的に「男性」というのは、なんでもこじつけて
「あのコは俺の事が好きなんじゃないか?」
「これは気があるそぶりでは?」と勝手に思っています。
(男性の方、ご立腹でしたらごめんなさい)

なぜそうなるかと言いますと、男性と女性の思考パターンに違いがあるからです。
女性は「彼が私を好きだったらこうする」として仕草(しぐさ)を見ています。

つまり直接的ですね。 男性の場合は逆に、
「彼女が俺をキライならこうはしないだろう。逆に考えれば俺を好きなのか?」
と間接的に仕草(しぐさ)というものを見ています。

ややこしいですが、結果的には「自分に好意がある」と感じる範囲が広くなります。
だから女性がただの友達として接しているのに、勘違いしてしまう男性が多いのです。

そう考えると、「女性であるあなたの好意」を意中の男性に
それとなく「気があるそぶり」で伝えるのは簡単ですね。

「嫌われている」と感じている女性以外が、すべて同列になっていますので、
結局は「その男性の好みの女性」の仕草(しぐさ)を「気があるそぶり」と受け取り、
それ以外の女性の仕草を排除します。

これが男性は鈍感な人が多い、と言われる思考メカニズムだと思います。


どうすれば相手に好意を伝えられるのか?

それは相手があなたに、どれだけの好意を抱いているかによって変わります。

相手があなたのことを好きなら、普通に接しているだけでもバシバシ伝わるでしょう。
しかしそうでないなら、より積極的なアピールが必要になります。

そしてアピールの度合いですが、場合によっては女性から見て
「オイオイ、これはやりすぎだろ!?」
って位に思ってしまうほどの度合いでも、相手に伝わっていない場合もあります。

そんな時「これだけアピールしていてもダメなの??」と落ち込む必要はありません。
女性にとっては「強い度合いのアピール」でも、
男性側に受け入れ態勢が整っていなければ、届いていないだけですから。

スポンサード リンク

スポンサード リンク


スポンサード リンク

メインメニュー